・アットホームでゆったりとした雰囲気の保育(家庭の延長)
・子供ひとり一人に目を向けられるので、個別の発達を捉えることができる
・0、1、2歳児の乳幼児に特化した小規模ならではの専門的な保育環境
・子どもと保育士、保育士と親の関係が密なので相談しやすい